BOOK

「Lua Cheia」で癒される

 1月が終わろうとしている頃、郵便物が届きました。
 開封するとそれは「Lua Cheia(ルア・シェイア)」のCD〜♪
 懸賞の当選商品は忘れた頃にやって来る!

Luacheia


 数ヶ月前に「Lua Cheia」こと「川崎夫妻」の記事が雑誌に掲載され、その号の懸賞プレゼントに応募していたので〜す。
 しかも今回のプレゼントのみの限定版CD〜♪(5曲入り)
 
 ルア・シェイアとはポルトガル語で「満月」の意味。
 ボーカルの円佳さんと私は高校の同級生なのです。
 ギタリストの巽也さんとユニットを組んで沖縄で音楽活動しています。
 ゆったり目のボッサノーバ。南の島にマッチします。


Luaceia

 このCDで円佳さんのボーカルが以前にも増して益々円熟したなぁ〜って感じました。
 美しく澄んだギター演奏に円佳さんのボーカルが心地よく、癒されます。
 沖縄にはたまに帰省するものの「Lua Cheia」のライブに未だ行けず。
 機会を見つけていつか行きたいものです。


*勝手に「Lua Cheia情報」(2008.1月現在)

 このCDにも収録されている「てぃーだ雨」と「Felice」が聴けます→コチラ
 沖縄で定期的に行っているラウンジライブのスケジュールは→コチラ
 ブセナテラスのパブ「シュガーケイン」では「毎週日曜pm9:15 start 45分のライブを2回」行っているとの事。
 
 ご近所を通られる、または滞在される方は是非!
 変更もあると思うので事前にご確認の上お出かけ下さいませ〜♪

| | Comments (0) | TrackBack (0)

「nono」@大正区でオフ会

 あっと言う間に一週間過ぎ(笑)。

 ドームでのライブ後はpm9:00を過ぎるだろうから、そんな遅い時間から誰かお誘いするのも中途半端で失礼かと思い、一人で夕食済ませて宿へ戻るのが当初の予定…

Nono1_2
 でしたが、前回京都でお会いしたsaruサン(「Sarutobi*Diary」)にお声をかけて頂き、ishサン(「foodish;"雑”食記」)、えて吉さん(「こんなの食べたよ」)私の4人でイタリアンの店「nono」でブロガーオフ会となりました。


Nono2_3
 ishサン、えて吉さんにはお初にお目にかかりましたが、以前からブログでやりとりさせて頂いていたので、会って直ぐに打ち解けたというか、初めてあう気がしないくらい和気あいあい。

Nono3
 オフ会では美味しい料理とお酒は勿論、一番必要なのは気の会う(話の合う)仲間との会話。終電までの短い時間でしたが、お3方様ありがとうございました。
 普段、しがない普通の主婦なので、久しぶりに楽しませていただきました!


Nono4
その日食べたものの解説はグルメな方々にお任せ!お3方のブログへゴー!(笑)
 http://saru-diary02.seesaa.net/article/83726743.html
 http://foodish.net/sb/log/eid1193.html 
 http://tabetayo.seesaa.net/article/83664110.html
 私が撮った画像だけ載せときまーす。

| | Comments (2) | TrackBack (0)

「THE POLICE」LIVE IN CONCERT 2008.2.10@大阪京セラドーム(前編)

 2/10(日)
 博多発→新大阪へお昼過ぎの到着。
 前日の大阪、11年ぶりの積雪だったので天候危ぶまれましたが、そんな事微塵も感じられない位の晴天。今日もついてる!

Osakadome

 PM5:00すぎ、大阪ドーム到着。
 プレミアムのお土産が不明だったので入り口で取りあえずパンフのみ購入。
 実のところ「今回ドーム級のライブは初参戦」。ステージどんなだろう?席はどの辺りだろう?と期待しつつ入場。
 入り口で例のグッズをいただく。
 「バックにJAPAN TOURの文字入りTシャツ&VIP PASS」です。
 PASSのほうはともかく、シャツは結構嬉しい。
 実際、もーっとシケシケなグッズなんだろうな…と思ってたので。

 席に到着「A8ブロック11列目」中央よりややアンディ側。
 いいかげんチケット運の悪い私としては今回大当たり。多分、一人での参戦だったので「空き」に入れたのですね。
「あれ〜?もうすぐFP始まるのに入りが悪いな〜」と思ってよくよくチケットを見ると「6:30開演」!フライングしてしまった(汗)。
 初大阪ドームをちょっとブラブラしようかと思いましたが、ここのところ連日忙しくしていたので、着席してボケーっとして過ごす事に(笑)

 そうこうしているうち「Fiction Plane」スタート!
 今回のPOLICE、ツアーのOpening Act としてFPが同行。FPのVocal (ジョー・サムナー)はStingの息子。
 「もう、Stingったら『親バカ』なんだから〜。」(苦笑)って思ってましたが、FPもなかなかのバンド。若いし勢いあります。
 彼らが登場したとたんスタンディング!(だって目の前ジョー君ですよ(笑))そいで後ろを振り返ったら私以降は皆様静か〜にご着席されてました。座るに座れず。。ではないですが30分程のライブを楽しみました。
 ジョー君は「私と彼はイギリス人、彼はアメリカ人(とメンバー紹介)」「おおきに〜」などと日本語(関西弁)でサービス。ライブの後FPサイン会があった様子なのですが、バカな私はこの告知が聞き取れず逃してしまいました。
 
 今後はFPも注目ですね。次回来日する時はもっと人気あるだろうから。

後編へつづく

レフト・サイド・オブ・ザ・ブレイン
フィクション・プレイン

レフト・サイド・オブ・ザ・ブレイン
Everything Will Never Be OK ポリス インサイド・アウト (JAPAN EDITION) グレイテスト・ヒッツ アンディ・サマーズ自伝 ポリス全調書 マザーシップ~レッド・ツェッペリン・ベスト【デラックス・エディション】
by G-Tools

| | Comments (0) | TrackBack (0)

「STORMBREAKER」the graphic novel

 「コミックが出ます!」とお知らせ頂いてから軽く一年が過ぎてしまいました(汗)

Storm

 ご縁があってネットでお付き合いさせて頂いています英国在住Kanako Damerumサンとそのお姉様の日本人姉妹がグラフィックデザインを手がけました「Stormbreaker (Alex Rider (Graphic Novels))」遅ればせながら入手です。映画版「Stormbreaker」(日本未公開)のコミック版。

 「漫画=モノクロ」をイメージしてたのですが全編カラーでイラストも素敵!そういえばアメコミって大体カラーですよね。カラーなのが当たり前なのかも。
 いまや日本文化の一つともいえる「MANGA」。海外での人気/評価が益々上がる事でしょう。

 ところで。
 先日、丁度主人から「電子辞書」を頂きました。
 知りたい単語がすぐにひけるのでこういった読み物を読む時には非常に便利です。普通の辞典でひいてたんでは「ストーリーの面白み」が半減してしまいますからね。


 

Stormbreaker (Alex Rider (Graphic Novels))
Stormbreaker (Alex Rider (Graphic Novels))Antony Johnson Anthony Horowitz Kanako Damerum

Philomel Books 2006-10-19
売り上げランキング : 65797

おすすめ平均 star
star読みやすく、おもしろかった。

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

| | Comments (2) | TrackBack (0)

食いしん坊のツール・ド・フランス

 フランス料理と言えば、ドレスアップしてお洒落なレストランでコースを。。ってイメージですが、ガレットとコンフィに出会ってからはフランスの大衆料理(家庭料理)に興味を持っています。

eleatable

 ガレットは以前から我が家の朝食メニューの一つになってましたが、コンフィも自宅で作れないものか?という願望のもと、主人が購入した本が「ちょっと自慢のパリごはん」。どの辺が「ちょっと自慢」なのかは不明ですが、「ボンジュール食堂」「ル・ピュイ」で食べた事のあるあのメニューこのメニューが載ってたりします。ここのレシピを元に我が家のクリスマスディナーのコンフィは作られました。

 もう一冊は最近主人が買って来た雑誌「ELLE a table」。
 副題が「食いしん坊のツール・ド・フランス」ですよ!!
 食いしん坊達が各地を自転車に乗って食べ歩く姿を想像中(笑)。食べ歩いても自転車でカロリー消費!良いツアーだと思う(苦笑)。
 ところで、流行ってるんでしょうか?フランス大衆料理。

| | Comments (4) | TrackBack (1)

チャーリーとチョコレート工場と東京ラスク

 先月、映画『チャーリーとチョコレート工場』を観に行きました。
 原作が児童書なので子供向けかな〜?とも思いましたが、結構楽しめました。さすがティム・バートン。大人の方が楽しめるかも。


charusk

 その2〜3日後、原書も読みたいなと思って早速入手。子供向けの本なので読みやすいです。といいつつ、なかなか読み進められずに未だ半分(苦笑)。平日の午前中時間がある時に少しずつ読んでます。(30章で構成されているので、1日1章づつ読めば遅くとも1ヶ月では読めるハズなのに。)

 以前ブログでも紹介した「東京ラスク」(シュガー)があったので、カフェオレと共に頂きました。東京ラスク久々に食べました。サクサクしてておいしい。
 娘もこのラスク好きなのですが、家にある事は秘密です(笑)。
《お中元産直ギフト》全国送料無料東京ラスク
《お中元産直ギフト》全国送料無料東京ラスク

| | Comments (6) | TrackBack (0)

「PHaT PHOTO 5-6月号」付録付き〜!

phatphoto

 発売中の「PHaT PHOTO 5-6月号」の付録に(手作りする)ピンホールカメラ付いてますよ〜!書店にて積んであったので2冊買っちゃいました(汗)。
 以前から気になってた雑誌なので、買うには良い機会だったかも。
 しかし。。「20代女性をターゲットに。。。」ってすいません。ターゲットから外れてますが、この先もたまに購読してもいいとですか?(汗)
 付録以外にも「トイカメラ&ピンホールカメラ」の特集が楽しみだったのですが、こっちは。。それほどでも。。(失礼!)。いや、初心者向けだから、いいのかな、入り口としては。

 ということで、ピンホールカメラ(自分で作るのですが)興味がある方は是非ご購入オススメです。完売になると予想されますので。って私は本屋の回し者ではないですよ〜。

| | Comments (4) | TrackBack (2)

大人の科学マガジン03・ピンホールカメラ

pinhole1

 「大人の科学マガジン」。書店などで見かけたことがあるかと思います。
 しかし、このピンホールカメラの号はあっと言う間に売り切れてしまい、オークションとかで買うしかないんだろうなぁ〜って思ってました。そして先日「蔦屋書店」に何気に行ってぶらついてたら。。「あった!!」即買い決定。ということで、これは「第2版」なのよ。最後の一つ?!それともコレだけしか入ってなかった?!感じでした。。その後、同書店にて(勿論、他の書店でも)これを売っているのを見た事がない。

pinhole2

 ピンホール(針穴)カメラ、じわじわ人気が出て来てます。(サイドのオススメ本のところにも書いてますが、いわゆる「盗撮」とかに使うカメラとは違います。)デジタルに逆行してるのよね。35mmフィルム使うカメラ以前のカメラ。レンズがありません。代わりに針の穴程の穴が開いてます。撮るのに2分とか天候、場所によっては30分とかかけます。
 基本的には印画紙を入れて使うのですが、この大人の科学マガジンに付いてるやつときたら、印画紙もさることながら、35mmフィルムも使えるし、なんとレンズも付いているので普通のカメラとしても使えるわけですよ。しかもお手軽価格!人気あるわけです。

pinhole3
ちょいと組み立てますが、簡単に出来ます。

 でもやはりね、時間かかるのでなかなかこれで撮影する機会がないんです。針穴で35mmのフィルム入れて使っているので、なかなか一本取り終わらない。。どんな感じに撮れているのか早く見たいんだけどなぁ〜。

| | Comments (2) | TrackBack (0)