MUSIC

「World Happiness」@夢の島へ

Wh1

2008年8月10日(日)

 「World Happiness」というライブ・イベント参加の為、夢の島陸上競技場へ。
 野外ライブなどへ参加した事はあるものの所謂「夏フェス」というものには初参加。
「同日「Summer Sonic(サマソニ)」が開催されているにも関わらずこのフェスへ参加している君たちは心が優しい。(美しいだった?)」とはリリー・フランキーさんの言葉(笑)。


Wh2

 今回お声をかけて下さったぷるみえサンのお陰で、良いブロックに入る事が出来、感謝してます!ありがとう!その中でも良い位置にレジャーシート(入場時に頂く)を敷いて取りあえずビールで乾杯!
 持ち込みOKなのでそれぞれの持ち込みを皆さんで頂く。
 ビール、フェス飯、ビール、白熊アイス、ビール。。。
 我々はぷるみえサンとそのお友達2名様+私の計4名。


Wh3

 いい感じで曇っていたので、日差しも強く無く、良い音楽聴いて、本当、まったりと過ごしました。レジャーシートもギュウギュウじゃなく、スペースにも余裕有りましたね。

正に『大人のピクニック』!

子供も連れて来られるように配慮されているみたいでしたが、これ晴天だったら結構キツかったかも知れません。
ということで、その頃、娘2名は主人とサンシャインシティの「ナンジャタウン」等で過ごしてました。

参加アーティストは以下
1. anonymass

2.東京スカパラダイスオーケストラ

3.LASTORDERZ
空耳スト安斎肇さん率いる「LASTORDERZ」
笑いっぱなし(笑)。

4.鈴木慶一 Captain HATE and The Seasick Sailors feat. 曽我部恵一

5.口ロロ

7.naomi & goro

6.PUPA

8.BONNIE PINK
「LIVE EARTH」以来のボニピンちゃんはキュート。

9.リリー・フランキー
リリーさんが意外にも「アコースティック熱唱系」!
しゃべりもゆるさも抜群。ほんとマルチな才能持ってますね。
途中「おでんくん」も登場。かわいかったです。

10.GANGA ZUMBA
Ganga Zumba はディアマンテスを彷彿させる熱いノリノリ系!
ブラジルにいる友達を思い出す。

11.NRT 320 guest. 野宮真貴

12.シーナ&ロケッツ
シーナ。。みなぎるパワー!凄いとしか言えません。
以前ライブで見たJoan Jettと通じる所があります。
博多の兄貴、鮎川誠さんも超かっこ良かったです。
凄い夫婦だ。

13.東京ブラボー

14.HASYMO


今回の最大のお目当ては「pupa」と「HASYMO」。

「pupa」はどの曲もお気に入りなので、全てが良かった。
メンバー全員がボーカルとれるってのはバンドとして凄い幅がでますね。
長年の夢「高野寛」も拝めて良かったです。
今回の高野さんは「pupa」「Ganga Zumba」「HASYMO」と3回も出番があったため、「Ganga Zumba」アクトの際、宮沢和史さんから「皆さん、今日は高野寛祭りへようこそ〜!!」と言われてました(笑)。

今回の「HASYMO」は皆「音響的に良かった」って言ってますね。
私は「LIVE EARTH」での消化不良がここで大分消化されました。
相変わらず、胸に込み上げて来る物は無かったのですが、イベントの最後をきっちりと収めて頂きました。

「毎年HASYMOが見れると有り難みが無くなる」とはキクさんの言葉。
でも、こんなゆるやか〜な大人のフェスなら毎年開催して欲しいものです。
宜しく幸宏さん。

| | Comments (4) | TrackBack (0)

「Lua Cheia」で癒される

 1月が終わろうとしている頃、郵便物が届きました。
 開封するとそれは「Lua Cheia(ルア・シェイア)」のCD〜♪
 懸賞の当選商品は忘れた頃にやって来る!

Luacheia


 数ヶ月前に「Lua Cheia」こと「川崎夫妻」の記事が雑誌に掲載され、その号の懸賞プレゼントに応募していたので〜す。
 しかも今回のプレゼントのみの限定版CD〜♪(5曲入り)
 
 ルア・シェイアとはポルトガル語で「満月」の意味。
 ボーカルの円佳さんと私は高校の同級生なのです。
 ギタリストの巽也さんとユニットを組んで沖縄で音楽活動しています。
 ゆったり目のボッサノーバ。南の島にマッチします。


Luaceia

 このCDで円佳さんのボーカルが以前にも増して益々円熟したなぁ〜って感じました。
 美しく澄んだギター演奏に円佳さんのボーカルが心地よく、癒されます。
 沖縄にはたまに帰省するものの「Lua Cheia」のライブに未だ行けず。
 機会を見つけていつか行きたいものです。


*勝手に「Lua Cheia情報」(2008.1月現在)

 このCDにも収録されている「てぃーだ雨」と「Felice」が聴けます→コチラ
 沖縄で定期的に行っているラウンジライブのスケジュールは→コチラ
 ブセナテラスのパブ「シュガーケイン」では「毎週日曜pm9:15 start 45分のライブを2回」行っているとの事。
 
 ご近所を通られる、または滞在される方は是非!
 変更もあると思うので事前にご確認の上お出かけ下さいませ〜♪

| | Comments (0) | TrackBack (0)

「THE POLICE」LIVE IN CONCERT 2008.2.10@大阪京セラドーム(後編)

Police

 FPライブ終了後30分の休憩。

 後ろの席のリアルタイム世代のおっちゃん2人(しゃべり口調から多分九州人)がその場でお土産のTシャツを着出す。
 どちらかの奥様らしい人は「やめてよ〜、こんなとこで〜!」というが、おっちゃん2人は写真撮ったりして、盛り上がってる。本当、POLICEが出て来るの楽しみにしてる様子。良い大人がこんなはしゃぐの見てるといいなぁ(若いよなぁ〜)と思うし、こっちも嬉しくなる。席がお隣さんだったら一緒に盛り上がりたかったなぁ。

 そうこうしてるうちに。
 「げらーっぷ、すてんだーっぷ♪」(by:ボブ・マーリー)
 会場騒然。きたきたきた〜〜〜!アリーナは皆すてんだーっぷ!
 ぎゃー。私の目の前の子供(小学4年生位?)が席にたって180cm位の壁になっちゃったよ〜。でも、子供なんでしょうがないね。普通に立ってたら見えないもん。
 
 でも、ちゃんと3人肉眼で見えてますよ〜。
 Stingファンなんですが、ぶっちゃけ、Stingはこの先ソロでいくらでも見られる機会はあるので、アンディ&スチュを中心に見てました。
 ドラムスティックくるくる回すスチュはカッコいい!しかし1人で色んな物叩いてましたよね〜。すごいなぁ。
 アンディはソロがめちゃくちゃ上手い!でもステージ中央へ行きたがりやさんなので、ステージ右サイド若干寂しい。
 一度だけStingが右端までやってきてくれたかな(笑)。

 ステージには3人だけ。サポートメンバーなどなし。
 でも、全然3人だけとは思えない。
 MC殆どなし。Stingしゃべったのはメンバー紹介位。
 でも、音楽だけでもすごく盛り上がった!

 色んなところに載っているので、どこから拝借してきたかもはや解らなくなってしまいましたが、以下に大阪でのセットリスト付けときます。

01. Message In A Bottle
02. Synnchronicity II
03. Walking On The Moon
04. Voices Inside My Head / When The World Is Running Down
05. Don't Stand So Close To Me
06. Driven To Tears
07. Hole In My Life
08. Every Little Thing She Does Is Magic
09. Wrapped Around Your Finger
10. De Do Do Do, De Da Da Da
11. Invisible Sun
12. Can't Stand Losng You/Reggatta De Blanc
13. Roxanne

アンコール 1
14. King Of Pain
15. So Lonely
16. Every Breath You Take

アンコール 2
17. Next To You

 私「Message…」が好きなので、オープニングで燃え尽きか?!と思ってましたがそんな事は全くなく、最後「Next To You」まであっという間の出来事。
 後ろのおっちゃん2人の盛り上がりに負けじと私も歌える限りStingとともに歌いました!久々に「第3者的見方ができないライブ」だったなぁ。行って良かったです。1泊2日娘らと自宅で留守番してくれた主人にも感謝します。
  

Reggatta de Blanc
The Police

Reggatta de Blanc
Outlandos d'Amour Zenyatta Mondatta Ghost in the Machine Synchronicity Synchronicity
by G-Tools

| | Comments (0) | TrackBack (0)

ポリス@大阪

Policegoods
ポリス@大阪ドーム行って来ました!アリーナ若干アンディ寄りの11列目です。

スティングの声良好!
ステュのドラム良し!
アンディのギターも良かっタヨ〜。
あっという間のお祭りでした。

これからライブの東京が羨ましい!
もし一人身ならばスタンド席でもいいから追いかけて行きたいくらい。
ポリスをリアルタイムで体験している世代は私+10才位。
いい大人がはちきれているのを見るのも楽しかったです。


後記:リンクを貼っていただいたお陰様でご来客が多いのですが、その反面、あまりにも内容がない記事なので「これはいかん!」と簡単ですがライブレポ(というか単なる日記)書いてます→「前編へ」

| | Comments (2) | TrackBack (0)

THE POLICE 来日決定・2008/2月

The Police


 「THE POLICE」  グラミーで再結成してから程なくworld tour 開始。
ツアー発表時の予告通り、2008年2/10(大阪)、2/13(東京)来日公演決定&チケット先行予約発売中(一般発売は11/18〜)。
そして2/14(東京)追加公演決定!
 (ば、バレンタインデーっすか?!(苦笑))

 いつも気になるんですが「追加公演」って急に決められるものなのかな?と。
 特にドーム級の会場だと、何ヶ月も前からスケジュール組まないといけないんだろうし。前もって「チケットの売れ行き良さげならこの日に追加しようか?」って感じで様子を伺いつつ会場おさえておくんだろうか?
(九州方面こないのかよ〜〜〜!!!)
 と言う謎と心の声(愚痴)はさておき。

 THE POLICEもリアルタイムでは聴いてはいません。
 私が聴く様になった切っ掛けは。
 すでにソロで活動をしていたStingが元々好き(当時だと『Nothing Like The Sun』が売れてましたっけ)なんですが、そこからさかのぼって聴いた時から。
 なので、POLICEとは言っても、Sting目線になってしまいます。(笑)
 StingのライブでPOLICEの曲やるとがぜん盛り上がりますよね。
 POLICEでPOLICEをやるともっと盛り上がるんだろうなぁ〜って漠然とした想像しか出来ないのですが。。

 POLICEの曲で1曲選ぶなら「Message In A Bottle」かな。
 イントロ(って短いですが)聴くとキタキタキタ〜!ってワクワクします。(^_^
 
 
 Nothing Like the Sun
Sting

Nothing Like the Sun
The Dream of the Blue Turtles Mercury Falling Brand New Day Ten Summoner's Tales 関西人 in Tokyo
by G-Tools

 

| | Comments (0) | TrackBack (0)

「After Service KYOTO」へ行く

 07.07.07のライブ@東寺の後、クラブイベント「After Service KYOTO」へ行きました。
 「折角、YMOファンが京都へ集結しているのだから東寺ライブ後も集まりましょうよ。」的な軽いイベントかと思いきや、本当の意味で『アフターサービス』なのでした。

Afterservice

 桑原茂一さんのDJ。YMOの曲オンリーであんな長いの聴いた事ないです。40分くらい回してたようですが、途中に「スネークマンショー」や「S.E.T」、若かりし日の教授の怒鳴り声(笑)のサンプリングが散りばめられて笑いをさそう。

 飯野賢治さんと吉村栄一さんのトーク。
 恐ろしい程のコアなYMOマニアなんだろうけど、そんな部分ををひけらかす事なく集まった皆をトークで盛り上げ楽しませてくれてました。(飯野さんって私より3つ上なだけなんですね。もっと年上かと思ってました。)
 「20分位のYMOライブで行き場を失ったリビドーを満たす為」このイベントを企画したとの事。その心意気に感服。ファンの鏡です。「高野◯うらやましいよな〜」とか言ってましたが(笑)。あなたも十分うらやましいです。

 そして坂本美雨ちゃん登場。
 相変わらずぽや〜んとした雰囲気で可愛いい〜。
 「音楽」が美雨ちゃんの事を歌った曲だと知らなかったらしいです。
 ずーっとお母さんとの事を歌ってると思ってた様です。
 『君はピアノに登って音楽』
 『君は電車ゴトゴト音楽』
 『待ってる一緒に歌う時』
 矢野さんに宛てたものではないでしょう〜。美雨ちゃん!(笑)

 snoweffectの雅楽なYMO面白かった。「Nice Age」が最高でした!その日撮影されたオフィシャルな写真も見られたりして、イベントは22時スタートの5時まで。ですが、私は2時過ぎにホテルへ戻りました。

 本当、このサービスなかったら、あのライブだけで浮かばれなかっただろうなぁ。私HAS行ってないもんでね。

RESCUE/RYDEEN79/07
イエロー・マジック・オーケストラ HASYMO

RESCUE/RYDEEN79/07
細野晴臣トリビュートアルバム-Tribute to Haruomi Hosono- HAS/HAS HUMAN AUDIO SPONGE Live in Barcelona-Tokyo ONE MORE YMO cendre YMO GLOBAL YMOから広がるディスクガイド
by G-Tools

Harmonious
坂本美雨 Giorgio Moroder Keith Forsey

Harmonious
THE NEVER ENDING STORY Bricolages aquascape DAWN PINK ブランク
by G-Tools

| | Comments (4) | TrackBack (0)

七夕の京都でYMO・LIVE EARTH

 前述のライブイベントへ行って来ました。
 画像は入り口で頂いたエコバッグ。(^_^)
 どっちが裏でどっちが表?


Ecobag1
Ecobag2

 参加アーティストは「RIP SLYME」「UA」「BONNIE PINK」「Michael Nyman」「YMO」(演奏順) 


 多分会場の9割はYMOお目当てなんじゃなかったかな〜?
 オープニングの「RIPSLYME」がやりにくそうな感じ?!気のせい?
 「座ったままでも良いから聴いてってね〜。」
 って終止謙虚でした。
 彼らのライブ、いつもはオープニングからオールスタンディングで盛り上がるんだろうなぁ〜多分。 ごめんね盛り上がりにかけて(汗)。

 続いて「UA」。
 「UA」はやっぱ歌上手かったです!
 生であれだけ歌えるって凄い、素晴らしかった。

 「BONNIE PINK」は地元京都出身のためか、曲数も多く、MCの時間も結構あったです。人柄も良さそうだし彼女これから益々人気が出て来ることでしょう。

 続いて「マイケル・ナイマン」。彼のピアノ素晴らしかったです。京都のお寺で聴けてα波が出まくった。のに!とても静かなところで「あの爆音!」。最悪!って思った。暴走族が横から爆音出して通っていったのですよ。ひどい(>_<)。

 そしてトリは「YMO」。
 セットが組まれた瞬間総立ちの大歓声!!  

 席が遠かったので概ね予想はついてましたが、総立ちになった人々の隙間からYMOは殆ど見えなかった〜。教授は木が邪魔で絶対に見えないと思っていたら結構見えてたけど、ドラムセットに座った後のユキヒロさんはほぼ見えず、細野サンはお顔がたま〜に見える程度。
 また私の前にでかい男の人が立ってたもんだからね〜。(^_^;;

 TV中継もあったせいか、照明に力が入ってました。
 金堂がライトアップされて奇麗でした。
その照明に使った電力は太陽光発電を蓄電したものを使用。
 CO2を排出しない、所謂「クリーンエネルギー」というものです。

 先ほどお昼まではMSNでビデオ配信してたのですが、なぜか日本人アーティストのだけ見られなくなってます〜。
 
 「Michael Nyman」と「YMO」はメッセージ無し!
 へたに語らずパフォーマンスをもってして環境に対するメッセージとする!!って事かな?大御所ミュージシャンの貫禄。

 オープニング、エンディングを盛り上げる様なMCが欲しかったなぁ。
 例えばクリスペプラーみたいな。(←かなり個人的。)

 翌日8日の京都新聞の朝刊、一面に東寺ライブの記事が掲載。
 『地球に胸キュン』。。。。。(苦笑)

| | Comments (5) | TrackBack (1)

07.07.07 LIVE EARTH ~ Save Our Selves

Liveearth

2007年7月7日オーストラリアを皮切りに9カ国で「地球温暖化防止を訴える世界規模コンサート」『LIVE EARTH』が開催されます。
 個人的にはやっぱUK/USのライブ出演者の面子良いなぁ〜って思っちゃいますけどね。
http://liveearth.msn.com/
 イベント最後はUSライブなので。。大トリは「THE PO*ICE」かなぁ〜?と予想。

 日本では「東京/幕張メッセ」「京都/東寺」の2カ所にてライブがあります。
 今回の目玉は何と言っても京都での「YMO(Yellow Magic Orchestra)のライブ」でしょう。先だってのライブでは「HAS」ではありましたが事実上(?)再結成を果たしたYMO。

 最近では「キリンラガービールのCM」で久々にYMOとしての姿を見せた3人。そろそろ再結成か?と思ってたらね(^_^)。

 YMOに対する思いをココで書くとキリがない(いちいち読む人も居ないだろう)ので次回に譲るといたしまして。
 
 そのYMOを一目観るべく明日京都へ向かいま〜す!(^_^)

| | Comments (3) | TrackBack (0)

クレイジーケンバンド2007@Zepp Fukuoka

 5月26日、2年ぶりにCKBのライブへ行きました。
 ツアートレイラーをパチリ。

Ckb

 前回初めて行ったときはドラマに出たり、タイアップ曲が売れたりで人気者だったね〜。箱も満員だった気がする。
 けど、今回はちょっと人気も落ち着きてきましたか?
そんな一杯一杯ではなく余裕あったです(^_^;; 。
 まぁ、相変わらずの剣さんはちょいエロ親父で微妙なトーク(笑)。笑いありの「小野瀬雅雄ショー」ありの楽しい「3時間(!!)」でした。でも無いのが一つ。
「タイガー&ドラゴン」は最後までやりませんでした。
多分、一番知られているはず曲。
きっと「CKB=タイガー&ドラゴン」ってイメージを無くしたいと思っているのね。ほとぼり??が冷めるとまたやってくれるのでしょうが、今は封印しているのでしょう。

で、アンコールに尾崎紀代彦の「また会う日まで」。
またまた妙な曲を選曲して〜。って笑いを取るにしてはしっかり演奏されていたので不思議だな〜?とおもっていたら。

「筒美京平トリビュート・アルバム」にこの曲で参加です。
http://www.bounce.com/news/daily.php/10727
どうりでちゃんとしてたわけですね。(笑)


| | Comments (0) | TrackBack (0)

CRAZY KEN BAND SHOW "SOUL PUNCH 2005"

 8/15(日)クレイジーケンバンドのライブ@Zepp Fukuokaへ行ってきました〜。初の生CKBです。

さ・え・らジャポン
 
 初めて「横山剣」さんを知ったのはピチカートファイブの「さ・え・らジャポン」。この中の一曲「スキヤキ・ソング」(とはいっても、有名なあの曲とは別物です。)を聴いて「歌ってるこのひと、だ、誰?」って気になったのですよ。
 それで、この人は「クレイジーケンバンド」ってのやってるってのが分かって、今に至ってます。なので、CKB知ってからはまだ3年位。しかもCKBをいろいろ聴きだしたのはここ1年位からなので、ファンといっても全然ヒヨッコです。
タイガー&ドラゴン
 Zepp の1Fオールスタンディングなので、熱狂的なファンの方々について行けるなぁ〜?と心配でしたが、みなさんノリノリだけど、ギューっと押したり暴れたりというファンは居なくて、マナー良かったです♪
 内容、セットリストはこれから行く方の為に秘密にしときますね。初心者なので2〜3曲位は知らない曲がありましたが、今ドラマでやってる例の曲はやっぱり盛り上がりましたよ〜。(剣さんと一緒に歌えて幸せ。)あと、7月6日(剣さんの誕生日)発売の新譜「SOUL PUNCH」からも数曲〜。CM上手!!
クレイジー・ケン・バンドベスト Oldies but Goodies(通常盤)
 生の剣さんは、もう、TVとかで見てた通り、そのままの人でカッコよかったです。前半はちょっとエッチでしたが(汗)。そんなパフォーマンスも剣さんならではですね(笑)。主人と陣取った位置も剣サン真正面で近からず遠からずのベストポジションだったし。Aicoさんはセクシーで可愛かったです。
 謎だった「小野瀬雅生ショウ」も見られて最高でした〜!!

 なんだか「コミックバンド?」みたいに思ってる方々もいるかと思いますが、音楽の質は最高です!(その上笑わせてくれるのですヨ!)
 
 今週も「タイガー&ドラゴン」見る事にしよう。

| | Comments (0) | TrackBack (0)